子連れのUSJ攻略法【幼稚園児編】3歳~6歳

USJに幼稚園(3歳~6歳)の子供と一緒に行くときの攻略法や回り方のコツをまとめました。

【スポンサードリンク】

3歳~6歳 パレード・ショー・ユニバーサルワンダーランドを中心に!

USJは大人向けの激しいアトラクションのイメージがありますが、ここ数年、小さい子供向のエリア「ユニバーサルワンダーランド」が建設され、小さい子供でも楽しめるアトラクションが一気に増えました。

子供が3歳になれば、メリーゴーランドやゴーカートなど動くアトラクションも楽しんでくれる年齢ですし、3Dシアターなどの劇場型のアトラクションも子供も意味がわかりますので、USJに行っても十分楽しんでくれます。

たとえば、3歳になると、こんなアトラクションも楽しめますよ!

USJ ユニバーサルワンダーランド 子供連れ
【エルモのリトルドライブ】
3歳からの乗れます。
USJ メリーゴーランド
【 ビッグバードのビッグトップ・サーカス】
メリーゴーランド。大人と一緒なら年齢・身長制限なしです。
USJ エルモ4Dシアター

【セサミストリート 4-D ムービーマジック】
3Dの映画を観ていると匂いがしたり風が吹いたりします。制限なし。

USJ ユニバーサルワンダーランド ティーカップ

【ハローキティのカップケーキドリーム】
いわゆるティカップです。大人と一緒なら制限なし。

>>このほかのアトラクションは、『幼稚園児・保育園児が楽しめるアトラクション』ページをご覧ください

USJに行く前に、セサミストリートのDVDを観せておくとなお一層楽しんでくれると思います。セサミストリートのキャラクターがよくユニバーサルワンダーランド内に出てきてくれますので、名前だけでも覚えておくと楽しいですよ。

でも、わが娘のように、「キャラクターは近寄られると怖い」「部屋が暗いのも怖い」という臆病な性格のお子様ですと、この年齢でもまだUSJは楽しめないかも。怖がりな子どもさんは、もう少しUSJは我慢ですね。

その他パレードをみたり、ショーをみたり、クリスマスには大きなツリーを観たり、そんなこんなでゆっくりと過ごせば、3-6歳の幼稚園児さんでもUSJを楽しめると思います。

幼稚園児とUSJ 回り方攻略法はこれだ!

2015年現在、USJでダントツ人気のアトラクションは、「ハリーポッターエリア」と「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドーバックドロップー」の3つ。
でも幼稚園児はハリーポッターも知らないし、身長制限132㎝の「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」も乗れないですよね。

というわけで、幼稚園児と一緒にUSJを楽しもうと思っている方は、「ハリーポッターエリア」と「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」を避ける!というのが一番の攻略法です。

入園したらほとんどの人が「ハリーポッターエリア」の入場整理券を取りに向かうか、「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」に並ぶはず。
なので、その裏をついて、朝一番に「セサミストリート4Dムービーマジック」や「アニメセレブレーション」などのシアター型のアトラクションに行ったり、「バックドラフト」「ジョーズ」など子供でも行けるアトラクションに行くのがおすすめです。朝一番なら待ち時間も長くありません。
ただし、シアター型アトラクションは開始時間が決まっているので、1回目の上映が何時になっているかをUSJアプリで確認してくださいね。

USJアトラクションの混雑状況などがその場でわかるユニバアプリ(無料)はこちらから。

幼稚園3歳~6歳の子供と一緒に行くUSJ ユニバーサルワンダーランドの攻略法

USJの子供向けのエリアといえば「ユニバーサルワンダーランド」。
幼稚園くらいの子供はやはり「ユニバーサルワンダーランド」が一番楽しいエリアですので、ここで遊ぶ時間をゆっくり取ってあげたいですね。

USJ ユニバーサルワンダーランド 子供連れ

「ユニバーサルワンダーランド」は朝一番と、16時以降が空いていますので、開園時間直後に「ユニバーサルワンダーランド」へ直行するか、夕方以降に行くのがおすすめです。

賢く使いたい よやくのり in USJ

「ユニバーサルワンダーランド」では、人気のアトラクションで「よやくのり」というシステムがあります。
ディズニーランドで言う「ファーストパス(FP)」みたいなもので、予約した時間に行けば待ち時間無く搭乗できるという制度です。
「よやくのり」ができるアトラクションは次の5つ。

「エルモのゴーゴースケートボード」
子供92㎝以上+大人同伴
USJ ユニバーサルワンダーランド 子供向 エルモのゴーゴースケートボード
「モッピーのバルーントリップ」
子供92㎝以上+大人同伴
USJ モッピーのバルーントリップ
「エルモのバブルバブル」
子供92㎝以上+大人同伴
USJ エルモのバブルバブル
「フライングスヌーピー」
子供92㎝以上+大人同伴
USJ ユニバーサルワンダーランド 空飛ぶスヌーピー
「スヌーピーのグレートレース」
子供92㎝以上+大人同伴
USJ ユニバーサルワンダーランド 屋内ジェットコースター
 

予約できるのは1個だけ。予約したものに乗り終わったら次の予約が取れます。
行ったらすぐにどこかに予約をして、一つ乗ったらすぐにまた次を予約するようにすれば、長い時間待つことなくユニバーサルワンダーランドを楽しめますよ。

幼稚園児とUSJ 身長制限のあるアトラクションに注意!

3歳~6歳までの間は、身長制限が一番引っかかる年齢。
USJには、【92㎝】と【102㎝】と【107㎝】と3種類の身長制限があります。
お友達と一緒に行くと、乗れる子と乗れない子が出てくる可能性があるので、うまく対処してあげてくださいね。

身長が足りているかどうかは、各アトラクションにある身長計に乗ってクルーのお姉さんに確認してもらいます。

USJ 身長制限

身長計には、靴の高さも既に盛り込んでありますので、「厚底靴履いたら行けるんちゃう?」という甘い考えはNG。
身長クリアの目印に手の甲にスタンプを押してもらえますので、同じ身長の制限なら、どこか1か所で身長を測ってOKなら、他のアトラクションではスタンプをみせればOKです。

 

 

身長制限のあるアトラクション(例)

子供身長92㎝以上+大人同伴
  • フライングスヌーピー
  • スヌーピーのグレートレース
  • エルモのバブルバブル
  • エルモのゴーゴースケートボード
  • モッピーのバルーントリップ
子供身長102㎝+大人同伴
  • スパイダーマン
  • バックトゥザフューチャー
子供身長107㎝+大人同伴
  • ジュラシックパーク

ベビーカーは持っていくのも借りるのもあり 幼稚園児と一緒にUSJ攻略法

普段ベビーカーは全く使っていない幼稚園のお子様でも、USJに行くときは持っていくと便利なことが多いです。我が家は年長さんでも持っていきました。

広い園内、移動距離も長いですし、人気のアトラクションは待ち時間も長いです。
園内を移動する時に座らせたり、待ち時間の間ベビーカーに座らせておくだけでも子供の疲れ方が違います。

朝から興奮して遊んでいたら、普段はお昼寝をしない子供でも午後から眠たくなってくることもあります。そんな時はベビーカーでウトウトさせている間に大人がアトラクションに乗る、という作戦がスムーズ。
「シングルライダー」(一人だけで乗る人を空いている席に優先的に乗せてくれる。並ぶ時間が短くて済む)や、「チャイルドスイッチ」(子供を待たせながら親が交代で乗れる)のシステムを使って、効率よく回りましょう。

USJ内でもベビーカーをレンタルしてもらえますが、3歳までしかレンタルしてくれないので子供が4歳以上の場合は家からベビーカーを持っていく必要ありです。

また、この年齢のお子様は、お昼寝対策、暑さ・寒さ対策も万全にしましょうね。
>>『子供といっしょにUSJ 持ち物一覧』ページはこちら

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ