三世代で行く!白浜旅行 ①とれとれ市場

2012年12月に義母を誘って南紀白浜に1泊旅行に行ってきました。
動物好きの娘たちの希望で、1日目も2日目もアドベンチャーワールド漬けになりましたが、おばあちゃんとのんびりできて楽しい旅行になりました。

【スポンサードリンク】

大阪を出発!南紀白浜へ行こう!

2012年12月の週末、大阪でお祖母ちゃんと合流して、南紀白浜へ向けて出発しました。
今回のお目当ては何と言っても、8月に生まれたばかりの赤ちゃんパンダ「優浜」に会うこと!

ニュースを見る度に、動物好きのレモン姉さんが、「パンダ!見たい!」とウルサイのです。
アドベンチャーワールドは夏には来たことがありますが、冬はどうしたものかしら?
ワクワクをしながら、8時ごろ自宅を出発しました。

和歌山白浜・とれとれ市場でランチ!

高速道路もスイスイ進み、あっという間に南紀白浜まで到着。途中で一回休憩をはさんでも、大阪から約3時間弱で着きました。
海水浴のシーズンは高速道路を降りるあたりから渋滞するのですが、冬だからか今回は特に渋滞することもなく進みましたよ。

とれとれ市場に到着したのは11時ごろ。少し早いですがここでお昼ご飯をいただきます。
南紀白浜のグルメ処といえばここですよね~。

南紀白浜 とれとれ市場

 

ここ、とれとれ市場は何と言ってもマグロの解体ショーが有名。おっきなマグロをどんどんさばいて、びっくり激安のお値段で新鮮マグロをゲットすることができるんです。
残念ながら今からアドベンチャーワールドに行ってホテルでご飯なので、今日はマグロのお造りは買えません。

南紀白浜 とれとれ市場

 

今日はあいにくちょうど解体が終わったところ。パックになったマグロがたくさんならんでいました。

南紀白浜 とれとれ市場 まぐろ

 

とれとれ市場 食堂「とれとれ横町」で食べる!

新鮮魚介は、この市場の中の食堂「とれとれ横町」で食べることができます。 こんな感じです。

南紀白浜 とれとれ市場 食堂 レストラン

 

いつもズラリと人がならんでいるんですが、列は『丼・麺コーナー』の食券を買うためのもの。

南紀白浜 とれとれ市場 食堂 レストラン

 

『惣菜コーナー』『寿司コーナー』はこの列に並ばず、直接自分の好きなお皿をレジに持っていくだけでいいんですよ。初めての人は思わず列に並んじゃうから注意だね。

天丼

がっつり食べたいパパが選んだのが天丼(960円)。エビがゴロっと入ってる。揚げたてで美味しいですよ~。一番人気なんだそうです。

南紀白浜 とれとれ市場 天丼

 

いくら丼

いくら大好き妹ちゃんが選んだのは「いくら丼」(1030円)。なんて贅沢にいくらが乗っているのでしょう!

南紀白浜 とれとれ市場 いくら丼

 

わき目もふらず、モリモリ食べました。

惣菜で定食に

お姉ちゃんとバアバ&私は惣菜コーナーでおかずを選んで、ご飯&味噌汁を追加。定食風にしてみました。
こんな感じで好きな小鉢を組み合わせて選べるんです。

南紀白浜 とれとれ市場 レストラン 定食

 

温め直しもしてもらえますし、好きな物をチョイスできるのが素敵。
お刺身好きのお姉ちゃんは、お造りとご飯&味噌汁で「お造り定食風」。

南紀白浜 とれとれ市場 レストラン 定食

 

私は、カレイの煮つけに小鉢を付けて「おさかな定食風」。

南紀白浜 とれとれ市場 レストラン 定食

 

みんな、たくさん食べましたよ~。おいしかったぁ。

お腹いっぱいになったところで、いよいよアドベンチャーワールドに向かいまーす!

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ