南紀白浜旅行記⑥ホテルむさし

2012年12月に南紀白浜に三世代家族旅行に行ってきました。
>>旅行記⑤アドベンチャーワールド【小動物ふれあい】
からの続きです。

白浜の老舗ホテル「むさし」さんに宿泊しまーす!

【スポンサードリンク】

三世代子連れ家族旅行に『紀州・白浜温泉むさし』を選んだ理由

この日のお宿は、『紀州・白浜温泉むさし』さん。
今回の旅行でのお宿探しにこだわったポイントは、

  1. 次の間があること
  2. 個室もしくはお部屋食で夕飯が食べられる
  3. お値段お手頃

ってこと。
お祖母ちゃんも一緒の旅行だと、お部屋が2つある方が何かと便利だから、これは外せない。
バイキングはバタバタと立ち歩かなくちゃいけなくて、子連れだと私が落ち着いて食べられないから嫌なの。

いろいろと探してみたのだけれど、次の間付きの大きなお部屋はお値段が高すぎたり、次の間があっても夕飯がバイキングだったりレストランだったりして、私の条件を満たしてくれるところがなかなかなかったんだけど、最終的に候補に挙がったのがこちらの『紀州・白浜温泉むさし』さんだったわけ。

白浜温泉 むさし

 

『紀州・白浜温泉むさし』さんは、次の間付きのお部屋もあって、夕飯は半個室でいただけるレストランがあるの。
JTBで予約すれば、次の間付きのお部屋を確約してくれて、レストラン個室での夕飯も予約できるんです。
>>JTBの『紀州・白浜温泉むさし』はこちらから確認。

ということで、今回はJTBさんで予約しました。

『紀州・白浜温泉むさし』は純和風だけど、子連れにも結構よかった!

アドベンチャーワールドから15分ほどで、ホテル『むさし』に到着。
団体さんも来てるみたい。結構すごい人でした。

今回予約したのは、『次の間付き・二間続き』のお部屋です。じゃーん!
奥が10畳、手前が6畳のお部屋でした。

 白浜温泉 むさし 二間続きの部屋

建物が古いのは否めないけれど、キレイにお掃除してくれているし、お部屋の機能的には全く問題ありませんでしたよ。
窓から見える景色はこんな感じでした。きれーぢゃん。

白浜温泉 むさし 二間続きの部屋

 

チェックインした後、温泉をいただいて一服。すぐにお夕食の時間♪

「半個室料亭 梅鉢亭」で夕食

夕食は、指定通り半個室料亭「梅鉢亭」で。
梅鉢亭は2012年7月(私たち宿泊の半年前)にオープンした「40種類以上の和歌山産梅酒」が楽しめるレストランです。

白浜温泉 むさし 半個室料亭 梅鉢亭

 

行ってみると薄暗くて、大人な雰囲気です♪私たちが案内されたお部屋はこんな感じ。

白浜温泉 むさし 半個室料亭 梅鉢亭

 

半個室と聞いていましたが、ほとんど完全個室です。
廊下との仕切りがドアじゃなく長い暖簾みたいになっているだけで、ほぼ個室状態でした。
子連れなのでこれが和室だったらベストだなーと思ったんだけど、子供用の椅子も用意してくれたし、家族だけでゆっくりとのんびりとお食事を楽しみたかった私にとっては、ほぼ完ぺきなシチュエーションでした。

今回のお料理は名物「ちょっと贅沢懐石」。お造りだけでも凝ってます。氷の器です。

白浜温泉 むさし 半個室料亭 梅鉢亭

 

4歳イチゴちゃんにはお子様セット。豪華です~。

白浜温泉 むさし 半個室料亭 梅鉢亭 お子様セット

 

そして、この梅鉢亭に来たら絶対試さないといけないのが和歌山県産の梅酒。
少しずついろんな梅酒が楽しめる「3種類飲み比べセット」にしました。

白浜温泉 むさし 半個室料亭 梅鉢亭 梅酒飲み比べ

 

たくさんある梅酒の中から、仲居さんにおススメしてもらった3種類を選んだんだけど、まーどれも旨いったらなんの。梅酒でも全然味が違うんですよ。
甘くて優しいお味から、きりりとしまった味がするものまで幅広い。
梅鉢亭に行かれたらぜひいろんな種類の梅酒を試してみてください。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ