関西ナンバーワンビーチ・白良浜海水浴場

南紀白浜と言えば、白良浜海水浴場しかありません!
でも、混雑していることも多くて、子連れにはいろいろと注意も必要です。

【スポンサードリンク】

関西地区・人気ナンバーワンビーチ 白良浜海水浴場

白浜の人気ビーチと言えば、そうです!白良浜海水浴場しかないでしょう!!!

南紀白浜 白良浜海水浴場

 

白いサラサラ砂の砂浜はとてもきれいで気持ちよく、水質も透明度抜群!透き通る海がさらにリゾート気分を盛り立ててくれます。

約600メートルのビーチにはヤシの葉のパラソルが並んでいて、気分は「アローハー」(笑)。
遠浅だから小さな子供でも安心ですし、海水浴の時期にはライフセーバーもたくさんいるし、臨時派出所(交番)もあり、迷子対策も万全です。

トイレ・シャワーなどもたくさんあって、売店もビーチの後ろすぐそこ。にあります。(でも海の家はないので、休憩場所は自分で確保する必要ありなので注意。)
歩いて行ける範囲にコンビニもあるし、便利そのもの。

さらには、水着のまま入れる温泉や、遊具のある公園まであるから、子連れで行ってもとーっても楽しいビーチ、間違いなしです。

ただし!

人気のビーチなだけにシーズンともなると大混雑します。
お昼近くになると人が増えてパラソルが隙間なく立っていて、まさに人人人です。
迷子の放送も頻繁に流れますし、トイレ・シャワー・売店なども行列になります。

子供と一緒に行くなら混雑を避けるような対策を考えておいた方がいいかもしれません。事前に計画を練ってから出かけましょう!!!

白良浜海水浴場を攻略しよう!

白良浜海水浴場は、前述したとおり、とっても人気のある海水浴場です。

夏休みの休日ともなると、隙間なくパラソルが立ち並び、人人人で大混雑します。
それでも行く価値のあるビーチだとは思うのですが、それだけに子連れ対策をしっかりしておかないと、お茶1つ買うのも一苦労、お昼もすぐには食べられないということになりかねません。

迷子も本当に多いから(私も1人迷子見つけて連れて行ったの)、絶対に子どもから目を離さないでね!

そこで、バナナ独断!白良浜海水浴場攻略ポイントをまとめました!

ビーチから近い、海岸沿いのホテルをゲット!

ホテルで着替えができたら、子連れにとってはありがたいですよねー。荷物も少なくて済みますし、更衣室に並んだり、ベタベタの所で着替えさせたりと、着替えに関するゴタゴタって疲れますから。。。
特に、白良浜海水浴場は海の家が無いので、更衣室に並ばないといけないんですよね。

ということで、子連れのご家族で白浜に行くなら、できればビーチまで水着で歩ける距離のホテルに泊まるのがいいと思います。
白浜はたくさんのホテルが海岸線に並んでいますから、お部屋は案外取りやすいのではないかと思います。

>>白良浜海水浴場から歩ける距離にあるホテル一覧はこちら

ビーチから近い、駐車場をゲット!

それがダメなら、海岸近くの駐車場をゲットしましょう。
子連れの海水浴の荷物ってハンパないでしょ?水着に浮輪にパラソルにアイスボックスにタオルもいっぱい。 さらに、帰りは子供も荷物に。行きは歩いても、帰りは絶対歩かない。
こうなったらもう、無理。 持てないよぉ。

ということで、白良浜海水浴場の近くには、浜周辺150台(町営駐車場)+1000台(旧空港跡地町営駐車場)+民間駐車場があるのですが、子連れ家族が狙うは、浜周辺約150台+近くの民間駐車場がおすすめです。

海水浴場のすぐ近くの駐車場は早朝に一杯になってしまいますが、少し山の方に上がった細い道や商店街の方に数台停められる駐車場があったりもします。「P」って書いた看板を持って呼び込みをしていますから、探してみてください。

私たちは、大阪を4時半に出発し6時45分に白浜に到着というスケジュールでしたが、この時一番近い町営駐車場は既に満車でしたΣ(゚д゚;) ヌオォ!?。

そこで周りの民間駐車場を見渡してみたのですが、「早朝料金」なる文字が????ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! 駐車場代に「早朝料金」って初めて見た。っていうかみんな朝早すぎでしょ???

その時点で一番お安くて近かったのは、白浜エネルギーランドの第一駐車場でした。
ここは海水浴シーズンは海水浴客用に開放されているらしいです。1日1000円(早朝料金なし)でした。ビーチまで近いし、広くて停めやすいしなかなか良かったですよ。

白良浜海水浴場の近くに停められないのなら、すっぱりあきらめて旧空港跡地の町営駐車場に停めましょう。無料シャトルで海水浴場まで送迎してもらえますから、遠い駐車場に停めて歩くより便利です。1日1000円とこちらもお安いです。

>>白浜エネルギーランドの割引チケットはこちら

やっぱりアレコレ駐車場のことで悩むんだったら、近いホテルに泊まるのがおススメかな~、と思います!

食べるものは、早めにコンビニでゲット!

白良浜海水浴場は、ビーチのすぐ後ろに売店もたくさんあるし、自動販売機もあるんですが、海の家や浜の茶屋はありません。
売店で売っている物はフライドポテトとかお好み焼きとかお決まりのメニューばかりだし、長蛇の列なのに、お味はいまいち(私の利用したところだけかもしれませんが)で、ちょっと残念な感じでした。

子供の口に合うかどうかも???でしたので、子供のご飯を調達するなら、コンビニ(ファミリーマート白良浜店他)の方がいいと思います。
おにぎりとかそうめんとかプリンとか、運動した後でも喉を通るものがありますし、お値段も売店で買うより安いです。

でも、ビーチから歩いて行ける範囲には数件しかないですし、ビーチの端にあるので、私は人をかき分けてここまでたどり着くのに結構苦労しました。
お昼どきで店内は大混雑でしたし。 
こうなるとすぐには買って戻れないので、子どもと行くなら、白良浜海水浴場に行く前に買っておいて、クーラーボックスに入れておくなりしておく方がおススメですね。

ヤシの木パラソルを狙おう!

海岸線に沿って、点々と備えつけられている白良浜海水浴場のヤシの木パラソル。

南紀白浜 白良浜海水浴場

影も大きいし、ゆっくりできるし、何といってもトロピカルムード満点!!!メッチャいいやん!!

でも、早い者勝ちなんですよね~。
我が家が7時にビーチに来た時でも全く空いて無かったぐらい、このヤシの木パラソルは競争率が激しいんです。夜中から泳いでる人が取っちゃうんですね。

逆にその人たちが引き揚げるお昼~午後早い時間が逆に狙い目です。後片付けを始めた所を狙って、ササッと代わってもらいましょう。

ヤシの木パラソルは競争率が激しいので、使えないことを前提にして準備しておくことも大切です。パラソルやテントを持参するか、1000円でパラソルをレンタルして、日陰の休憩場所を確保しましょう。

南紀白浜 白良浜海水浴場

白良浜海水浴場は、レンタル用品も充実していますよ。
例えばこの←パラソル。1000円でレンタルすることができます。お願いすると、希望の場所までお兄さんが運んでくれて、しっかりと深く穴を掘ってパラソルを固定してくれます。これで強風が吹いてもなんのその。

白良浜は結構風が強いので、自前のパラソルは飛んでしまうことが多いそうなので、安心のためにも頼んでもよいかもしれませんね。
白良浜海水浴場は600メートルほどですが、海に向かって左側に人工ブロックが積んであって、波が穏やかです。風が強い日などは、右半分は閉鎖され、波が穏やかな左半分だけで遊泳することもあります。
小さなお子様連れなら、左半分の方が安心です。人工ブロックの周辺では磯遊びもできますよ。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ