淡路島が子連れにおススメな理由

国営淡路海峡公園 子供淡路島は、大阪から車を使えば1時間30分ほどで行けて、子連れにも超やさしい観光エリア。
大阪発で行く家族旅行先として、私の一押しのスポットです。
自ら「キッズアイランド」と銘打ち、「こどもに優しい淡路島」とアピールしているだけあって、どこへ行っても気兼ねなく、親子でのびのびと自然を満喫できる観光地です。

【スポンサードリンク】

淡路島は、宿泊も海水浴場も「家族向き」!

淡路島は、「洲本温泉」・「南淡路温泉」に代表されるように、有名な温泉観光地でもあります。
そこで、宿泊施設も「大きなホテル」から、子連れで気軽に泊まれる「ペンション」まで幅広く揃っていて、好みに合わせて宿泊先を選ぶことができます。
>>淡路島の「子連れにやさしいホテル」はこちら

どこのホテルに泊まっても淡路島の宿泊施設なら、「子供連れ家族」を前提に出迎えてくれますので、レストランや大浴場も子供への配慮が行き届いていて、気兼ねしなくて済みます。

淡路島 多賀の浜海水浴場海水浴場など観光地も、カップルなどでにぎわうような派手で賑やかな雰囲気ではなく、ファミリー向け・子連れ向けに整備されていて、小さな子供連れでものんびり安心して楽しむことができる雰囲気なのがいいです。

海水浴の他にも、国営明石海峡公園兵庫県立淡路島公園(無料)や、淡路ファームパーク イングランドの丘淡路島牧場など子連れで楽しめる観光スポットが目白押しですよ。

淡路島観光には、車が必須!

ひとつ淡路島のウィークポイントをあげるなら、子連れで島内を移動するには車以外の交通手段がないということです。
淡路島はディズニーランドや長島スパーランドのように1か所滞在型の観光地ではないので、島のあちこちを移動して楽しむというスタイルになります。
そうすると、どうしても自動車が必要になるんですよね。

施設から施設を結ぶバスもなく、島全体が自動車で移動することを前提にしている様な気がします。どこへ行っても広大な駐車場があって、そのデカさにビビります(笑)。

淡路島へは、お車で行ってください。
>>『レンタカー+お宿』の見積もりならこちらが安いです。ホテルも車種も豊富に選べて選びやすいです。

淡路島 子連れdeプチ旅行 メモ

大阪からのアクセス・所要時間

車;吹田ICから淡路ICまで約1時間30分

バス;JR西日本高速バス「かけはし号」 (JR大阪駅から洲本バスセンターまで約2時間30分)

子連れ観光 おすすめスポット

国営明石海峡公園
淡路ワールドパークONOKORO
淡路島牧場
淡路ファームパーク イングランドの丘
兵庫県立淡路島公園
ほか 詳しくは 子連れde淡路島 お勧めスポット をご覧ください。

 

淡路島旅行 節約術・安くする方法

淡路島には無料もしくは格安で遊べる施設がいっぱい!
子連れde節約家族旅行としては、これ以上にうれしい話はありません。

①公共の宿を探す

淡路島には、公共の宿や格安のペンションなど、お安いお宿が充実しています。
こちらのサイトは公共の宿も一括で検索できて便利。リンク先から、ホテル種別に「公共の宿」にチェックを入れて検索してみてください。
>>「公共の宿」も一括検索・じゃらんNet

②無料の公園で遊ぶ

淡路島には、入場無料・駐車料金も無料という公園がたくさんあります。

kenritu-awajisimapark例えば、県立淡路島公園。
巨大スライダーや芝生広場、夏には大きな水遊び場でも遊べるという素晴らしい公園なのに、無料です。
一日子ここで遊んでいても足りないぐらいの公園です。これが完全無料。すばらしい。

>>県立淡路島公園公式HP

awaji-hanasajiki淡路島中部にある「あわじ花さじき」。
大阪湾を見下ろす高台の丘いったいがお花畑になっている広大な公園です。
空と海とお花が一面に広がるここだけの景色を楽しめます。
これも完全無料。すごい。

>>「あわじ花さじき」公式HP

 

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ