平城京跡(奈良県奈良市)

平城京跡・朱雀門

奈良県奈良市の平城京跡は、大極殿・朱雀門・東院庭園など当時の建物が、実際に存在した場所にそのまま復原されていて、当時の都のスケールの大きさを肌で感じることのできる壮大な遺跡です。 1㎞四方の土地に展示館が点在しているので、自転車か車で行くのがおすすめ。じっくり時間をかけて、1300年前の都の風景に想いを馳せながら巡ってください。

住所 奈良県奈良市佐紀町朱雀門
公式HP 平城宮跡情報サイト
地図

【スポンサードリンク】

平城京跡ってすごい!小学生中学生には平安京より平城京がおすすめ!

『710(なんと)立派な平城京』で覚えた平城京(奈良市)。
日本史を勉強していても平城京より平安京の方が大事だし平城京のことはあっという間に通り過ぎてしまうので、正直実際に行ってみるまでは、平城京って「捨てられた都」で都として価値が薄いかのような印象を持っていた私。 

ところがどっこい。平城京なめたらアカン!本当にごめんなさいと反省しきりの私です。

平城京跡・朱雀門

 

平城京跡地は794年に平安京に都が移った後、広大な田んぼのまま維持されて現在に至ります。
今でも、平城宮跡地は展示館がある以外の土地は、こーんな広大な空き地になっているんですよ。

平城京跡・すすき野原

 

大正11年に国の史跡として登録されるまで多くの人が保存活動に尽力してきたおかげなのですが、平城宮の跡地に人が住んだり開発されることがなかったために、1300年後の今でも掘り返すとキレイな形のまま平城宮の跡が出てくるんです。

例えばこれは、内裏(天皇の住まい)跡から出てきた井戸の現物。1300年前に井戸だった木がそのまま出てきているんですよ。すごくないですか?中身はキレイにくりぬかれていて、当時のカンナ技術の高さもうかがえます。

平城京跡・井戸

 

 

こちらは、東院庭園。平安京時代に宴会や儀式を行った庭園です。
当時のまま忠実に再現してあって、池の形や位置、建っていた建物や、かかっている橋はもちろん、植栽のもみじや桜なども当時あったのと全く同じ場所に植えられています。
1300年前の人もこの庭でこの花と木に囲まれて、若草山を観ながら、何を思っていたのかな~って考えてみてください。小6の娘も「ドキドキする♪」と言ってましたよ。

平城京跡・東院庭園

 

京都の平安京の方が都としては繁栄した歴史があり、規模も大きいのですが、なんせその上にたくさんの人が何世代にも渡って住んでいるので、遺跡がきれいに残っている可能性は少ないと言われています。
それに比べると平城京は、見学するこちらとしても、具体的に「ここにこんな建物があったんだ」とか「この辺りで生活してたんだ」と1300年前に思いをはせることができて胸が高鳴ります。

小学校で歴史をお勉強したばかりの子どもさんにもわかりやすい遺跡ですし、もちろん中学高校で日本史をやった学生さんも、深い所まで学習できる興味深く見学できるスポットだと思います。
各展示館には必ずボランティアガイドさんがいらっしゃいます。
どの方もとても丁寧に説明してくださって、お話しを聞くのと聞かないのでは100倍理解度が違います。絶対にガイドさんを捕まえて、お話ししてもらってください。

奈良にはこのほかにも東大寺、正倉院、春日大社、唐招提寺(鑑真和尚)、興福寺(藤原不比等)などなど日本史をやれば必ず出てくるスポットも目白押し。
お子様と一緒に行っても、子どもも親も十分に楽しめる観光地だと思います。

平城宮跡は、車かレンタサイクルがおすすめ

というわけで、現在の平城宮跡地には当時本当に平城宮があった広大な場所(1㎞四方の土地)に転々と5箇所の展示館が散らばって建っています。
それぞれ、朱雀門、第一次大極殿、遺構展示館(近くに内裏跡、宮内庁建物など)、東院庭園(宴会などをしたお庭)、平城宮跡資料館、です。
これら5つの展示館はバラバラに建っているので、全部見ようと思うと、車か自転車が必要になります。

平城京跡

 

できれば5箇所全部回って欲しいのですが、「全部は無理」「いくつかだけまわりたい」という人は、第一次大極殿と遺構展示館は徒歩5分で移動できますので、一緒に回れておススメ。
もう少し足を延ばせる人は、平城京跡資料館まで行かれると、平城京跡がいかにすごい遺跡なのかがわかります。もしくは第一次大極殿から朝堂院を突っ切って朱雀門まで行けば、大通りのバス停に出られるので、平城宮の広大さを感じつつ、見所も押さえて回れておススメです。

徒歩・バスで回る場合

全部歩くと一周4.5キロかかりますので、ウォーキングついでに歩くよ!という人はどうぞ頑張って(笑)。

奈良には、週末だけ運行されている、観光名所を結ぶ「ぐるっとバス」というバス路線があります。
これを使うと、JR奈良駅からバスに乗って「大極殿」バス停で降りた後、「遺構展示館」や「東院庭園」など他の展示館を観て、最後反対側の「朱雀門」からもう一度バスに乗ることができるので、歩く距離が半分ほどに短縮されて便利かと思います。

奈良周遊バス ぐるっとバス

 

奈良交通「ぐるっとバス」公式HPはこちら

車で回る場合

それぞれの展示館には駐車場も完備されていますし、駐車料金も無料ですから、お車でまわるのも便利だと思います。
ただし、奈良市内は観光シーズンになると渋滞がはげしいので、そのあたりは覚悟しておかないといけないかも。

レンタサイクルで回る場合奈良レンタサイクルで回る平城宮跡地の中は、自転車走行自由になっているので、全部の展示館をめぐるなら自転車がおすすめかな。 

近鉄奈良駅から平城京跡朱雀門まで約30分ほどです。

奈良レンタサイクル『古都りん』

奈良レンタサイクル

が近鉄奈良駅近くで借りれて便利です。

奈良市内はサイクリングロードが走りやすいです。
東大寺・春日大社近辺はサイクリングロードは整備されていないのですが、平城京⇒唐招提寺周辺は気持ちの良いサイクリングロードがありますので、ぜひこちらからチェックして行ってください。

>>ならクルマップ(奈良県内サイクリングロードマップ)

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ