鳥取観光旅行ブログ ①浦富海水浴場で海水浴

2015年8月夏休みに、2人の子どもと鳥取旅行に行ってきました。
鳥取に2泊、蒜山高原に1泊の3泊4日の鳥取旅行記ブログです。

『子連れで行く鳥取観光旅行記2015一覧』はこちら

【スポンサードリンク】

1日目;大阪⇒鳥取に移動 宝塚の渋滞を回避!

大阪から鳥取は、車で行けば2時間30分~3時間ほどの距離。
ただし!これは渋滞にはまらずにすんなり行けた場合の話。

一番の問題は、中国自動車道の宝塚IC付近の大渋滞。
ここはいつでも10㎞から15㎞は当たり前、お盆やゴールデンウィークなどには30㎞を超えるという関西随一の渋滞のメッカ。
大阪から中国方面に行くにはどうやっても宝塚を通らなくてはいけないんですよねー。

そこで今回、この宝塚の渋滞を避けるために、朝5時に自宅を出発することにしました。

鳥取自動車道

おかげで高速は終始スイスイ!宝塚付近を通過したのは朝5時30分くらいだったのですが、渋滞が無かったらこんなに早いの?!というくらい、あっという間に宝塚を越えてしまいました。

鳥取家族旅行加西ICのメロンパン途中、加西SAで休憩。メロンパンがふわふわで美味!隠れた名店です。

 

佐用JCTから鳥取自動車道(無料)に入りました。

平成25年3月に開通したという鳥取自動車道。
前来た時はまだ部分的にしか開通していなかたのですが、高速になったり地道になったりしていたころとは格段に快適さが違いますね。
おかげで、吹田ICから2時間30分ほどで、鳥取まで到着しました。

浦富海水浴場に到着!

さて、今日のメインは海水浴!
「鳥取の海はきれいやでー」というのが主人の口癖。 なんでも小学生のころに家族旅行で浦富海水浴場に来たことがあるんだとか。
そんなにきれいなのかー、一度鳥取も行きたいなー、と思っていたので、夢叶った今回の海水浴なんです♪

浦富海水浴場に着いたのは8時45分。
まだ時間早いんちゃうかー、泳いでる人なんておらへんでー。
でも、泳ぐ気満々やなー…。わかったわかった。行きますかー。。

鳥取家族旅行・浦富海水浴場

8月のお盆期間中とはいえ平日で、駐車場はがらがら。
第1駐車場に車を停めてビーチに降りてみると…。
「ここじゃないんだよなー。ちょっと違うなぁ。」「多分あっちやな。もっかい車で移動しよっ!」と主人。

まじかー!今駐車料金1000円払ったところやん?!

駐車場の係員さんに事情を話したら、先ほど払った駐車料金を返金してもらえました。鳥取の人やさしい♪。
幼き頃の主人の記憶をたどって、第一駐車場から西の方向へさらに移動。

「この辺ちゃうかなぁ。なんか見覚えあんねんなー」と主人の記憶がよみがえったのは、浦富海水浴場でも浦富観光協会の前の小さな駐車場。
車は25台ほどしか停められないようですが、確かにビーチのすぐ前に岩場があって面白そうです。

というわけで、ここで陣取りました~。

>>浦富海水浴場駐車場など詳細はこちらのページをどうぞ

鳥取の海って最高!浦富海水浴場を満喫!

実際海へ行ってみると、主人が30年以上前の記憶が忘れられないと言うのも納得。
沖縄以上の透明度かもしれないです~♪

目の前に見える岩場(「向島」と言うらしい)まで小学生でも歩いて行けるほど遠浅なので小さい子供でも安心。

鳥取家族旅行・浦富海水浴場

この向島が絶好の遊び場でして、近くまで行くとこんなたくさんの魚の群れ!「お魚が多すぎて怖い」と妹ちゃんが言うほど。

ウニやカニもいっぱいいますよ~。

鳥取家族旅行・浦富海水浴場

でも、どんなに浅くて穏やかな海でも危険はつきものなので、必ずライフガードとマリンシューズは着用しましょうねー。

浦富海水浴場のビーチはサラサラの細かい砂地です。鳥取砂丘と同じ砂地みたい。
サラサラの砂、ということは、やっぱりこうなるのだ!

鳥取家族旅行・浦富海水浴場

浦富海水浴場にある「荒砂神社」にも行ってみた。

ここに来た瞬間から気になっていた岸壁の上に見える神社まで行ってみた!
岩場の裏手に階段があって、岸壁の上まで登っていくと、崖の上に「荒砂神社」があります。

鳥取浦富海水浴場の荒砂神社

泳いで岩場までたどり着いた後、岩場伝いに行きますよ。海賊っぽくて、すごく楽しかったらしいです。

鳥取家族旅行・浦富海水浴場 荒砂神社

あとから調べたのですが、こちらの荒砂神社は白鳳期(670年前後)の草創らしい。えらい歴史ある神社やったんやー!

鳥取家族旅行・浦富海水浴場 荒砂神社

崖の上からの絶景も見ものですよ~。

鳥取家族旅行・浦富海水浴場

途中駐車場のオジサマに一声かけて、コンビニまで食料品を調達に行ったりして、たっぷり15時まで、浦富海水浴場を満喫したのでありました~。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ