アリビラ泊子連れ沖縄旅行記 ⑳ガンガラーの谷 後半

沖縄旅行の最終日。那覇空港に戻る前に「ガンガラーの谷」のツアーに行きました。
開始時刻と終了時刻がはっきりとわかるので、空港に戻る前の時間調整としておススメの観光スポットですよ。

【スポンサードリンク】

ガンガラーの谷は「ガンガラガンガラ」が語源

ガンガラーの谷のツアーに参加中の我が家。
ところどころガイドさんが立ち止まって説明をしてくれます。

ガンガラーの谷は隣の「おきなわワールド」と同じく「鍾乳洞」がメインの観光スポットなの。
地表にぽっかりと空いた鍾乳洞の入り口から子供が石を落して遊んでいて「ガンガラガンガラ」という石が落ちる音が鳴りやまないことから「ガンガラーの谷」と呼ばれるようになったのだとか。

ガンガラーの谷 子連れ参加

ガンガラーの谷のツアーにはそんな鍾乳洞を見学することもできます。

こちらの洞窟は、こんなランプをもって入ります。冒険気分が一気に高まって興奮気味のお姉ちゃん。

3月 ガンガラーの谷 子供

中に入るとこんな感じ。まっくらだー!

3月 ガンガラーの谷 子供

それからこのツアーでの一番人気スポット。
樹齢150年の大主ガジュマル。すごい迫力です!神秘的すぎるっ!パワーをもらいました。

3月 ガンガラーの谷 大主ガジュマル

その後は、ツリーハウスの上に登って、眺めを楽しんで…。

3月 ガンガラーの谷 ツリーハウス

人骨が発見されたという、最後の洞窟に到着します。

3月 ガンガラーの谷 洞窟

これが石で作られた約6000年前のお墓です。この中からほとんど全身完璧な形で人骨が発見されたんだそうです。

3月 ガンガラーの谷 洞窟

ぴったり1時間20分でツアーは終了。約1㎞ほどのジャングル散策でした。
最後はこの洞窟内で、古代人についてのお話をまとめていただき、この洞窟で生活していたであろう古代人の方に思いをはせました。うーん、なんてロマンなんでしょう!!!

3月 ガンガラーの谷 洞窟

5歳のイチゴさんにはちょっと難しい内容だったようですが、イチゴさんはみんなでジャングル探検できただけで楽しかった様子。特に鍾乳洞に入る時が「ワクワクするぅ!でもちょっとこわーい!」なんて浮かれてました。
ガイドさんの説明は簡潔でよくわかり、5年生のお姉ちゃんは十分に堪能していましたよ~。

真夏の暑い時期より、春秋など歩きやすい時期がおススメかも。

2014年アリビラ泊子連れ沖縄旅行記ブログ

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ