子連れ熊本大分観光① 熊本空港からレンタカーで出発

2014年11月に子連れで熊本&大分に家族旅行に行ってきました。
こちらはその旅行記ブログの最初です。

阿蘇観光・大観峰

【スポンサードリンク】

大阪伊丹空港⇒阿蘇くまもと空港へ

自宅を朝6時に車で伊丹空港に向けて出発。
妹ちゃんも年長さんになって、朝早い出発も楽になってきました。

今日は11月の3連休の初日。少しは混むかも?とは予想していましたが高速道路に乗るなり大渋滞の列(汗)。まずいよ、飛行機間に合わないかもー。。。なんて焦りながらも、なんとかギリギリで到着。

いつものように空港前駐車場「アサヒ」さんに車を預けて空港にチェックインしたときには、もう既にフライトの20分前になっていていました。
11月の行楽シーズンを舐めていた自分に反省。次回からもう少し早めに出るようにします。。

飛行機は定刻通りテイクオフ。くまもん、待っててー!

阿蘇くまもと空港のレンタカーは、とってもスムーズ

今回の熊本大分観光は、終日レンタカーで移動する予定です。
阿蘇くまもと空港でレンタカーを借りて、大分空港で返す、という「乗り捨て」で予約しています。

今回利用したのはニッポンレンタカーさん。
空港までの送迎の有無、お値段、サービスなど、いろいろと調べた結果、一番条件が良かったの。ちなみに、このこの時期は紅葉目当てのお客さんも多く、事前に予約しておかないと借りられないこともあるのだとか。
>>ニッポンレンタカー公式HPはこちら

阿蘇くまもと空港ニッポンレンタカー営業所

空港のニッポンレンタカーカウンターに受付をして番号札をもらった後は、送迎車に乗って営業所に行くと書類などの準備ができていました。
空港から営業所までの移動もほんの3分ほどですし、沖縄の○○レンタカーみたいに営業所での順番抜かしや長時間待たされることもないし、非常にスムーズに気持ちよく車を借りられました。

空港に飛行機が到着したのが8時30分。それからターンテーブルで荷物を取って、ニッポンレンタカー熊本空港営業所まで移動し、手続きをして出発したのが9時10分ですから、とっても早かったなーという印象でした。

ミルクロードへ!絶景&雲海に感動!

阿蘇くまもと空港からまずは、阿蘇の大自然を楽しむドライブへ出発です!
やったー!ついに九州に来たぞぉ!もうこの時点で私のテンションは最高潮!
空港からほんの15分ほどで、阿蘇山の外輪山を走るミルクロードに出ました。

ミルクロードの両側には、見渡す限りの草原と牧場の風景が広がっています!
本州では見られない大自然!!!これはすごい!すごすぎる!一気にテンションMaxだぁ!

景色の良いところで車を停めて、山の上から阿蘇のカルデラを覗きこんでみました!
すると、なんとなんと雲海が出てるじゃない!!!なんて素敵なの?もう癒されちゃうよぉ。

阿蘇ミルクロード・雲海

アウトドア女子のお姉ちゃんも、普段は景色には目もくれない年長の妹ちゃんも、さすがにこれには「すごーい!」とテンションあがってます。

ラピュタの道

この後は、ミルクロードから通称「ラピュタの道」と言われる道を通って、山を下りて行く予定だったのですが、この「ラピュタの道」の入り口が非常にわかりにくかった!
もしかしてコレか?というような何もない交差点。大きな看板は1つも無く「この道路は農業用道路です」というような普通の看板しかありません。一度通り過ぎた後でUターンして、やっとたどり着きました。

通り始めてみるとビックリするような細い道!でも景色は最高です!
「ラピュタの道」とはよく名づけたもので、本当に空中に浮かんでいるような眺めでした!

阿蘇・ラピュタの道 子連れ観光記

この景色は、もう「ブラボー!」としか言いようがありません。

阿蘇・ラピュタの道 子連れ観光記

でも道幅はこれぐらい。前から対向車が来たらバックで戻って路肩の広い所まで戻らなくてはいけないの。

阿蘇・ラピュタの道 子連れ観光記

 

後から知ったのですが「ラピュタの道」というのは通称で、本来牧草を運搬するために通された農業用道路で、正式には「市道狩尾幹線」というのだそうです。
運転していたパパは「僕ももっと外が観たいよぉ」といいながら必死に運転していました(笑)。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ