子連れ九州観光【計画編①】阿蘇山へ行きたーい!

パパの旅行行きたい病、また発病しました。

2014年夏、長女レモンは12歳(小6)次女イチゴは6歳(年長)になりました。
毎度毎度、我が家の旅行はいつもこの第一声から始まります。ホント、成長が無くて面目ない。

パパ;
「なぁ、どっか行こうよ。パーッと、パーッとさ。」
私;
「(はーい、また出ましたぁ)。。。はい、またまたパーッとですね。。。今度はどちらに行かれるのですか?」
パパ;
「うーんとね、九州!僕、九州って行ったことないネン!パーッとね、楽しそうじゃない?」
私;
(どこへ行ってもアンタは楽しいに決まっています。なんにも準備しないんですから)
私;
「九州。。。といっても広いんですが?九州のどこですか?」
パパ;
「うーん、九州はとにかく九州。なんか、山の中の温泉があるって言うじゃん?えーっと他には、長崎とかぁ。。。あっ!阿蘇山とか?
それからー。。。あっ!軍艦島とかも行ってみたいし!」
私;
「あのー、それって九州全土バラバラだと思うんですけど?それを何泊で行かれるご予定なんですか???」
パパ;
「…週末土日でお願いします…。」
私;
「あほー。行けるかー!」

といういつもの会話からまた再び我が家の家族旅行計画が始まったのでありました。

【スポンサードリンク】

九州人気№1は、阿蘇~くじゅう~別府温泉ルート

今年の春に転勤になり、慣れないお仕事を頑張っているパパ。
夏にも淡路島に行ったのですが、義母も一緒の接待旅行だったので完全にストレス解消とは至っていないらしい。(2014淡路島旅行記はこちら
さらに、新しいお仕事は年明けから非常に忙しくなる部署らしく1月以降は不定期にしかお休みが取れないとのこと。旅行は年内に行っておいた方がいいよ、と会社の先輩に言われたようです。

仕方がない。パパがこう言い出したら本当に旅行に行くまで言い続けているので行くしかありません。私も本来旅行は大好きなので、こういわれると我慢できない性分。
行きますか!パーッと行っちゃいますか!!!

しかーし!毎度のことながら、旅行には行きたいけれどパパの休みは取れず。
「週末に一日お休みくっつけるとかも無理なの?」と聞いてみましたが、そこは厳しい中間管理職。
「年休は約束できないな。」と言われると、不確定なパパの年休を当てにして旅行の計画を立てる気にはなれないのです。

っちゅうことで、今回の旅行も週末か秋の連休に行くしかありませんなぁ。

調べてみると、九州観光の人気№1はやはり「阿蘇山観光」みたい。
しかも、熊本から「阿蘇山」を観光し、「黒川温泉」から「くじゅう高原」を通って、大分県の「湯布院」か「別府温泉」までドライブする観光ルートが人気なんだそうです。

フムフム。
少し調べてみたところ、このルートで行くと、パパが行きたがっている「阿蘇山観光」も、「山の中の温泉=黒川温泉」も抑えつつ、途中には動物と触れ合えるスポットなども点在していて、子供たちも十分に楽しめそうな予感!
いっちょ、これで調べてみるか!と思い立ったのでありました。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ