京都府立丹波自然運動公園(京都府船井郡丹波町)

京都府立丹波自然運動公園 こどもの広場 遊具

京都縦貫自動車道が開通し、名神大山崎ICから30分ほどで到着できます。広い敷地に人が少なく、のんびりと自然を満喫できる穴場スポット。
幼児用の遊具、アスレチック、プールなどもあり、一日遊べます。

住所 京都府船井郡京丹波町曽根崩下代110-7
公式HP http://www.kyoto-tanbapark.or.jp/
地図

【スポンサードリンク】

その名の通り「自然」の中にある大公園!大阪発でも近い!京都府立丹波自然公園

2013年4月に京都縦貫自動車道の大山崎JCT・IC~沓掛(くつかけ)IC間が開通し、今まで不便だった京都福知山方面が、大阪からでも短時間で行けるようになりました。

この京都府立丹波自然運動公園は、京都縦貫自動車道・丹波出口から車で5分ほどの所にあって、幼児用遊具あり、芝生広場あり、自然の形状を利用したアスレチックあり、夏場にはプールも、パターゴルフもあるという、一日遊べる公園です。大自然の中にあって、とっても気持ちがいいし、何せ大阪の公園に比べて人がとーっても少ない!

遊具のスケールや数では大阪府営の大公園には劣るものの、大自然のロケーションと人が少ない快適さでカバーしていますよ(笑)。
この京都府立丹波自然運動公園をはじめ京丹波町一帯は自然環境がとても良く、京都縦貫自動車道の開通を機に一躍「大阪発の穴場スポット」に躍り出たような気がします。

公園内はとにかく広い!野球場やテニスコートがたくさんあって本当に広い!

子供連れで遊べる場所は、入ってすぐの「こどもの広場」と「アスレチック」の2か所。
両方を移動するなら車で移動する必要があります。
どちらも、広い芝生広場がありますので、レジャーシートやテントなどを広げてゆっくりとすることができますよ。BBQはできませんので、お弁当持参で行きましょうね~。

京都府立丹波自然運動公園

丹波公園 ジャイアントスライダー
ジャイアントスライダー
お尻が痛いので段ボール持参で。

京都府立丹波自然運動公園 こどもの広場 遊具
こどもの広場の遊具。
低学年まで向き
丹波総合公園 アスレチック広場
アスレチック広場。
高学年でも十分楽しめます。
京都府立丹波自然運動公園 パターゴルフ
パターゴルフ、有料です。

駐車場はどこへ停めても無料。公園内もパターゴルフなど有料施設を使わなければ無料。こんな素敵な公園を無料で使えるなんて、京丹波町民がうらやましい。

それに何より、公園が自然のど真ん中にあってとっても気持ちがいいの!周りにビルなど一切なし!山と空しか見えません。
マイナスイオンでまくりで、思いっきりリフレッシュできますよ。

京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場大阪府内の大きな公園もいいけど、人が多いし駐車場に苦労するしで、なかなか「ゆっくりしたなー」という一日にはならないはず。
でもここの公園は、のーんびり山と空を見ながら、「ゆっくり遊んだー!」という気持ちになれます。

近くには、京都府唯一の鍾乳洞コテージ泊もできるキャンプ場(ウッディパルわち)などもあって、1泊旅行としても楽しめそうです。

祝・京都縦貫自動車道開通!京丹波へ遊びに行こう!

2013年のゴールデンウィークは、「ねー、どこ行く?」「どこ行こうか?」という会話から始まりました。

ゴールデンウィークはどこへ行ってもすごい人。ご存じのとおり、渋滞や行列は大嫌いの我が家のこと、混んでる場所へあえて飛び込んでいくようなことはしたくありません。
大阪府内の我が家から出発すると考えますと…、
・兵庫県方面は宝塚IC付近が大渋滞なので無理。
・滋賀県方面は、京都から瀬田IC付近が渋滞するから無理。
・大阪府内の公園は大体もう行きつくしたし、連休は駐車場にも苦労するほど混むから嫌。
って、「どっこも行かれへんやーん!!!」(怒)

で、気が付いたのが、京都の上の方に行くって作戦。そういえば、この間京都縦貫自動車道が開通したって言ってたな。さすがにこの道は渋滞しないでしょ。

ということで、京都縦貫自動車道を使っていける範囲の公園を探してみました。
するとヒットしたのが「京都府立京丹後自然運動公園」。

見れば遊具も芝生広場もあるらしい。近くに鍾乳洞もあるらしいし、イッチョ行ってみるか!という話にあいなりましてございまする。

ちょっと朝早めに出発して、大山崎ICを通り過ぎたのが、8時50分。
予想通り、名神は京都の先で10㌔の渋滞が発生していましたが、京都縦貫自動車道は終点の丹後ICの出口で3㎞の渋滞が発生しているだけでした。
大山崎JCTはちょっと複雑。京都縦貫自動車道への入り口は、一旦京滋バイパスへの入り口に入った後分岐しているので、看板を良く見ながら走るべし。

京都縦貫自動車道の大山崎JCT
一旦京滋バイパス方面へ進んだ後で、
京都縦貫道
京滋バイパスと京都縦貫道が分岐しています。

大山崎ICから30分という好立地!京都府立丹波自然運動公園

びゅんびゅん走る京都縦貫自動車道。ホントに気持ちのいい高速道路です。
でも、最初から掲示板で案内があった通り、終点の丹波IC前3㎞で渋滞していました。

それまで2車線だったものが終点前に1車線になることが原因のようで、今回は渋滞といっても車の流れはスムーズだったので、それほど時間もかからず通り抜けられました。

丹波ICを降りたら公園まではホンの5分ほど。すぐに到着です。
大山崎ICから30分ほどで到着。本当に近いです。

入ってすぐに「こどもの広場への近道」と書いた看板に惹かれて、入ってすぐ右側の駐車場に車を停めてしまいました(コレ失敗)。
確かにこの駐車場はジャイアントスライダーには近いのですが、結局こどもの広場へは丘を越えて歩いて行かねばならず、小さいお子様を連れたご家族にはおススメしません。
車でぐるりとまわって、子供の広場前の駐車場に停めることをおススメします。

京都府立丹波自然運動公園

取り合えず、ジャイアントスライダーを軽く5回ほど(笑)。その後こどもの広場へ移動し、遊具を制覇しました。

京都府立丹波自然運動公園 こどもの広場 ジャンボスライダージャイアントスライダーは段ボールが必須。
我が家はスキー用のソリを持参しました。
京都府立丹波自然運動公園 こどもの広場こどもの国の幼児用遊具。
京都府立丹波自然運動公園 砂場きれいな砂場もあるので、幼児さんでも安心して遊べます。 京都府立丹波自然運動公園 トンネルレモンとイチゴがハマったドラム缶がつながった地下の遊具。
声がこだまして楽しい!

園内の移動は自動車で!アスレチック広場へGO!京都府立丹波自然運動公園

こども広場にも大きな芝生広場もあるし、感じのいい木陰もたくさんあって、レジャーシートやテントを広げている人がたくさんいました。

最初は我が家もここでテントを張ろうかなーと思っていたのですが、低学年用の遊具が5年生のレモン姉さんには物足りなかったらしく「アスレチックもあるの?そっちへ行こうよ」とせがまれて、急遽移動することに。4歳のイチゴさんはもうこの時点ですでにお腹がペコペコで、機嫌が悪かったのですが、何とかなだめてアスレチックへ移動しました。

その移動の遠いこと遠いこと(笑)。決して子供と歩いて移動してはいけません。
それぐらい遠いです。アスレチック広場の最寄の駐車場に車を停めて、荷物をまとめて移動しまーす!

京都府立丹波自然運動公園

京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場来てみると、こちらの方が自然が深くてはるかに気持ちがいい!
人もこちらの方が少ない!こっちまで来てよかった!

とりあえず、イチゴさんがお腹が減ってフラフラなので、テントを広げてお弁当を食べて、それからアスレチックで遊びました。
その後、お姉さんは山を登ったり、広場でボール遊びをしたり。妹ちゃんもアスレチックで遊んだあとは、お砂場遊びをしたりお花を摘んだり。遊ぶことは尽きませんでした。

アスレチックと言っても、木組みの遊具といった感じ。本格的なアスレチックではありませんので、妹ちゃんもなんとか制覇しました。お姉ちゃんは、パパとゆっくりボールで遊んだり山の散策ができたのが楽しかったみたい。

京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場とりあえず、食べよう。

京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場充電完了!遊ぶぞー!!!

京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場滑り台も 京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場 砂場砂場もありますよ。
京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場姉さんは芝生広場でバレーボールしたり、 京都府立丹波自然運動公園 アスレチック広場フラリと散策にでかけたり。どこへ行く?

できれば鍾乳洞も見て帰ろうか、と言っていたのですが、この日は公園だけで時間と体力がアウト。結構近いので、また来ようね!と約束して帰路に着きました。

この日の出費は、高速代だけ。だってあとは全部無料だもん(笑)。節約お出かけ、ばんざーい!
こんな公園が駐車場代もタダなんて恐るべし、京丹波町!楽しそうな所がたくさんあるので、また行きたいと思います。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ