万博記念公園(豊中市)

万博記念公園 太陽の塔

甲子園球場65個分という関西最大級の巨大な公園。太陽の塔の周りに、遊具・サイクルボート・園内トレイン・花の丘・おもしろ自転車などなど、1日じゃ遊びつくせないほど!大阪住むなら一度は行かなきゃ!!

住所 大阪府吹田市千里万博公園1−1
公式HP http://park.expo70.or.jp/
地図

【スポンサードリンク】

1970年大阪万博の跡地 関西最大級の台公園 万博記念公園!!

誰もが知る、ここ万博記念公園は1970年大阪万博の跡地に整備された自然公園です。その大きさは甲子園球場65個分という巨大な巨大な公園です。

園内には、巨大な芝生広場はもちろん、森の上を歩くように作られている橋「ソラード」や四季の花々が楽しめる「花の丘」、巨大遊具や芝生広場もあるので、小さいお子様から小学生高学年の子供までファミリーで楽しめます。
本格的な日本庭園もあって、一日ですべて回るのは無理っ!

歩道はきちんと舗装されているからベビーカーでも全然大丈夫。桜の時期のお花見も有名ですが、秋のコスモス、紅葉まつりなどの季節のイベントもとても見事です!!季節ごとに違う顔を見せてくれるから何度行っても楽しいんですよ~☆☆

万博記念公園 お花見
万博の桜!ブラボー!
万博記念公園 チューリップ祭
立派に咲いているチューリップがズラリ。手入れが行き届いています。
万博記念公園 コスモス祭り
秋のコスモスもお見事!
万博 冒険海の広場にある遊具
遊具も砂場も芝生広場もあるから、どんな遊びもOK!

一日遊んで疲れたら、自然文化園となりの源気温泉「万博おゆば」でひとっ風呂浴びて帰ってくるのもお勧めです。

万博記念公園が素晴らしいのは、その入場料金のお安さ!大人250円小中学生70円!今どきそんな値段あるの??ってお値段ですが、節約お出かけ家族としてはうれしい限りです!

太陽の塔近くの広場では、フリーマーケットやイベントが行われていることが多いです。子供が遊んでいる間、ママはこちらでお買い物を楽しむこともできますね!

万博記念公園 体験レポート!

2011年秋に万博に遊びに行ってきました!
まず子供たちが喜んだのがスワンボート。
結構いろんな種類のボートがあるし、水面にはいろいろな鳥も遊びに来ていて、3歳のイチゴが大喜び!

万博記念公園 スワンボート
スワンだけでなく、いろんな形のボートがありますよ。
万博記念公園 スワンボート
気持ちいい~!

週末や休日など人が多い時は、スワンに乗るのは午前中の早い時間がおススメ。後になると混み合いますよ。

スワンに乗ったら、次は遊具!スワンボートの近くにある、【冒険海の広場】と【やったねの木】で大はしゃぎです(笑)。

万博 冒険海の広場にある遊具
こちらは幼児さんでもOK。下は砂場です。
万博記念公園 遊具
高さもあり、ロング滑り台もある。小学生向き。

万博 芝生広場さんざん遊具で遊んだらお弁当タイム!
スワンと遊具の間にある芝生広場でお弁当を食べました。芝生がキレイでとても気持ちいいの!
お弁当のあと、娘たちは芝生でゴロゴロしておりました。

芝生でボールやバトミントンで遊んだら、最後の仕上げ!おもしろ自転車!

「おもしろ自転車」は先ほど遊んだ「やったねの木」の隣で、有料(30分300円)です。いろんな形の自転車があって楽しいんです。
幼稚園児はこぐのが難しい形の自転車もありますが、簡単な形のものや、二人乗りできる自転車もあるので、十分に遊べますよ。

万博 おもしろ自転車
1人で乗れるよっ!
万博 おもしろ自転車
えー?これも自転車?

えー!まだ遊ぶの??とげっそりなのは大人だけ。娘たちは、エンジン全開。30分間ギリギリまでこぎ続けておりました(汗)。

このあたりで、そろそろ3歳イチゴの体力の限界。まだまだ遊びたいお姉ちゃんをなだめながら帰路につきました。
本日の出費は、

  • 駐車場代 1200円
  • 入場料 大人250円×2人 小学生70円×1人
  • スワンボート 1200円(4人乗り)
  • おもしろ自転車 300円×3人

合計で、3870円でござきました~。

お花見・万博記念公園 体験&レポート!

2006年春
春休みが終わり、幼稚園1学期初日から帰ったレモンが開口一番、「おかーしゃん!オハナミに行きたい!」と言い出しました。
ははぁ。。。お友達の誰かがお花見に行ったと自慢したんだな、きっと。

「じゃあ近くの公園にでも行こうか!」と言うと、「バンパクがきれいなんだって!花火もあるんだよ~!」と畳みかけてきました。幼稚園とは恐るべしオコチャマコミュニティであります。。。

しかーし!調べてみれば、確かに万博記念公園は大阪でも有名な桜の名所らしい。
おととし行った摂津峡公園(高槻市)(約3000本)もすばらしいと思いましたが、万博記念公園の桜は5500本とのこと!なんと摂津峡公園の倍近く!!

これは行かねばなるめぇと、万博にお花見に行くこと決定!次の週末に、せっせと朝からお弁当を作って張り切って出かけました。

あいにくこの日は小雨が降ったりやんだりの天気。
行くかどうか迷ったけれど、せっかくお弁当も作ったことだし、雨降りの方が空いてるだろうという安易な考えのもと出かけました。

モノレールから観た太陽の塔いつもは車で行くのですが、花見の時期は絶対に車では行ってはいけない!という諸先輩方のご意見を頂戴し、電車&モノレールで行くことにしました。
モノレールも新鮮!モノレールから太陽の塔がよく見える!
それに、早い!モノレールも楽しいわぁ。

万博公園駅に着くと、桜・桜・桜のオンパレード!
万博の中は、聞きしに勝るビューチフォ~!すごいです。これぞまさしく桜のトンネルでした。

万博記念公園 花見1
太陽の塔も桜に埋もれています。
万博記念公園 花見3
桜のすぐ下でお弁当が食べられますよ~。
万博記念公園 花見2ホントにきれいな桜。満開です! 万博記念公園 お花見
これこそ桜のトンネル!

どこ見ても、桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜さくら桜

桜の下では、小雨の中所狭しとシートを広げてお花見大宴会をする人で大盛り上がり!
でも昨年摂津峡公園で出会ったような、カラオケ大音響軍団は一つもなく、大変心地のよいお花見会場でした。旦那曰く、「バンパクに来る人は、さすがにオジョウヒンやな~」?意味は不明です。

万博記念公園は、お花見以外にも子連れde節約家族旅行世代には、大変うれしい所です。入場料金が安いこともさることながら、遊具や広場が半端じゃない充実度なのです!
この他、有料(といってもかなり安いですが)の施設も外せません!

レモンは、「さくら、さくら」と言っていたのは、入場15分ほど(笑)。その後は「お弁当、お弁当」で、その後は「遊ぶ、遊ぶ」(大笑)。もっといったら、「帰らない、帰らない」┐(‘~`;)┌。

小雨交じりの中、ぐっしょり濡れたまま遊び呆けたレモンでした~。

本日の出費

交通費(阪急+モノレール)大人700円×2人=1400円

入場料 大人250円×2人=500円

お昼 お弁当だから無料

しめて1900円なり~(安いよね~)。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ