敦賀家族旅行記① 1日目;日本海さかな街・水晶浜海水浴場

大阪発で行く、子連れde敦賀家族旅行。1日目の様子です。
車で敦賀まで2時間ほど。
敦賀市にあるとれとれ市場「日本海さかな街」でランチをした後、若狭地方で人気ナンバーワンの海水浴場・水晶浜海水浴場へ行きました。

【スポンサードリンク】

敦賀市「日本海さかな街」でランチ

2014年8月。お盆の時期の旅行です。自宅を出たのが8時。
いつもはなかなか起きてこない娘たちですが、旅行の当日はいつもピョコンと飛び起きて即効で出かける準備をしてくれます。
身支度を整えた後、車で出発。名神自動車道・米原JCTから北陸自動車道へ入り敦賀ICまで。
大阪の自宅を出てから途中の休憩を入れても3時間ほどで着きました。

まずは、敦賀市内の「日本海さかな街」に向かいました。さっそく日本海の海の幸を堪能しよう!という計画です♪。高速から降りて10分ほどの立地ですぐに到着できるから楽ちんでした♪。

お盆の時期と重なっていることもあって、店内は人が多かったですが、活気ある「とれとれ市場 日本海さかな街」の雰囲気は最高!

日本海さかな街
「ちょっとお姉さん、いいの入ってるよ」なんて若い兄ちゃんに声をかけられて、上機嫌の私(笑)。
あっちのお兄さんもこっちのお兄さんもお話し聞きたいけど、、、、。うう~ごめんなさい。子供たちがお腹すかせてるの…。機嫌悪いから先行くね~。

もったいないお兄さんたちからのお誘いを振り切って到着したのが、一番奥にある「かに喰い亭ますよね」。
立ち食いやカウンターが多い「日本海さかな街」の中でもゆっくりと席にすわって食べられるお店なので、子供連れにはおススメのお店です。

日本海さかな街 ますよね

我が家が頼んだメニューはこちら。

海鮮5種丼 1050円
日本海さかな街 ますよね 海鮮5色丼
お刺身大好きのお姉ちゃんは、海鮮丼のチョイス。どれもペロリと食べたよ。

越前そば定食(いくら丼付)1260円

日本海さかな街 ますよね 出石蕎麦
越前そばも海鮮も一緒に食べられてお得でした。越前そばの大根おろしが辛い!小さな子供には大根を入れない方がいいよ。

名物焼きサバ 630円

日本海さかな街 ますよね 焼きサバ
焼きサバが食べたかったから単品で追加した。ジューシーでビビった。

お刺身定食 1260円

日本海さかな街 ますよね お刺身

新鮮でプニプニ。美味しかった。

若狭湾で人気ナンバーワンビーチ・水晶浜海水浴場で遊ぶ!

「日本海さかな街」でお腹いっぱいになったあと、いよいよお待ちかね海水浴に出発です!
目指すは、若狭湾で最も人気があるという「水晶浜海水浴場」です。

「日本海さかな街」から車で20分ほど。
海岸線をひた走り、水晶浜海水浴場に着いたのは13時30分ごろ。

おおう!広大な駐車場がありますが、遠くに停めるとかなり歩かなくちゃいけないです。
一番近い駐車場は満車だったけれど、どうやら夜中から来ている人が帰っていくらしく、ポツポツと空きが出ていました。
しばらく駐車場前で待って、ビーチ目の前の駐車場に停めることができました。駐車料金1000円。

水晶浜海水浴場は、透明度が高く景観も抜群と聞いていたけれど…。
ビーチに入った途端、もう、ものすごい人と、ものすごいテントで、足の踏み場がありません。
ビーチの砂地が20-40mくらいなのですが、その間にびっちりテントが張られていて、もう本当にまっすぐ歩くどころか、テントを張るすき間が全然ありません。

かろうじて、わずかなすき間を見つけてサンシェードを広げました。
隣のサンシェードとのすき間は20㎝くらいしかない(笑)。すき間が無いから出入りするのも大変なくらい。

若狭 水晶浜海水浴場

若い子のグループが多くて、ファミリー層は3割くらいだったかな。
ビーチも缶ビールの空き缶やたばこの吸い殻が普通に落ちてて、汚い。
あー、ちょっと失敗だったかも、と来て早々にテンションさがっちゃった。

若狭 水晶浜海水浴場
水の透明度はソコソコ。人が多いから仕方ないね。
若狭 水晶浜海水浴場
砂浜で遊ぼうにも、人がいっぱい。

確かに浜茶屋もいっぱいあるし、シャワーやトイレもたくさんあるから、ビーチとして便利は便利なんだけど、ファミリー向けではないんだよね。
派手な若者が集まるビーチって感じだった。

海岸の端まで行けば、岩場があって磯遊びができるらしいんだけど、人が多すぎてとてもそこまで移動できませんでした。
磯遊びは諦めておとなしくサンシェードを張った周りで2時間ほど遊んで、引き上げました。

それでも子供たちは、久しぶりの海をとても楽しそうに遊んたので、ホッと一安心。

若狭 水晶浜海水浴場

16時前に帰る時には駐車場も半分ほどになっていて、空いてきていました。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ