北海道家族旅行記ブログ3日目 コテージライフを満喫&ばんえい競馬

北海道家族旅行3日目です。
この日は帯広十勝平野にある中札内フェーリエンドルフのコテージライフをゆっくりと満喫しました。
子供と一緒の旅行では、いろいろと詰め込み過ぎずのんびりとした時間を過ごすことが大事なんだなー、と実感しました。

3日目の移動ルートはこちら↓。

【スポンサードリンク】

5時30分;1人でコテージ村内をお散歩

早い時間に目が覚めてしまった私。1人でのんびりフェーリエンドルフ内にお散歩に出かけました。
朝の空気がおいしくて、静かで心が落ち着きます。あー、癒されるわー。
でも寒い!8月中旬だというのに薄手のダウンを着てちょうどいいほどの気候でした。

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 子どもと北海道旅行記ブログ

昨日フロントで借りた自転車で村内をボーっと漕ぎながら、マイナスイオンをお腹いっぱいに吸い込みました。あぁ、癒されるー♪

お散歩から戻ってもまだ家族は誰も起きていませんでした。
もうしばらく1人の時間を楽しめそう♪。キッチンで好きな紅茶を入れて、昨日帯広市内で買ってきたクランベリーさんのスィートポテトをゆっくりといただきました。
はぁ、幸せー♪お母さん、また頑張れそう♪

帯広 グランベリー スィートポテト 旅行記ブログ

7時;卵・野菜の収穫&リス遭遇

ここ中札内農村休暇村フェーリエンドルフでは、ニワトリが飼育されていて宿泊者なら産みたての卵を自由に収穫しても良いことになっています。
どうしても産みたての卵をゲットしたかった妹ちゃんですが、昨日は何度見に行っても卵がなかったんです。

「きっとニワトリは朝早くに卵を産むに違いない!」と信じた妹ちゃんは、ダダーッと起きてくるなり着替えて鶏小屋へダッシュ!「待って待って!」
私の朝の癒しの時間はこうして喧噪とともに強制終了となり、いっしょに鶏小屋へ直行です(笑)。

↓「卵ないかなー」

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

残念ながらこの時も卵はなし。しばらく産卵小屋の前でじーっと待ってみたのですが、とうとう生んでくれませんでした。

「あーあ、今日もだめだった」とがっかりする妹ちゃんを励ますように、お野菜の管理をしているおじさまが声をかけてくれました。

↓「このあたりのは食べごろ。採っていきな。」「どこどこ?これなに?」「ズッキーニや」

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

↓「トウモロコシが食べたいの」「ちょっとまだ早いんやけど、まぁこれならかじってもいいやろ」

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

↓「甘ーい」「お姉ちゃん私の分も残しておいてよっ!」

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

↓「かぼちゃ採ったどーっ!」

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

卵が採れずにしょんぼりしていた妹ちゃんですが、おじさまのおかげでにっこり笑顔になりました。おじさま、ありがとうございました。

コテージに戻ると、リスに会えました。かわゆーい♪

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

8時;朝食&コテージ内で遊ぶ

今日の午前中は何も予定がないのでゆっくりとレストランで朝食(バイキング)をいただいた後、思い思いにコテージでの時間を満喫しました。

中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 旅行記宿泊機ブログ 北海道コテージ

パパと娘たちはフロントでお借りした自転車でサイクリングに行ったり、あきらめずにニワトリの卵を観に行ったり、中学生のお姉ちゃんは宿題をやったりしていました。

12時;十勝豚丼いっぴんをテイクアウトで

ゆっくりとコテージを出発して、帯広市内へ。
ランチの後ばんえい競馬でドサンコレースを観る予定です。

ランチは『十勝豚丼いっぴん』さんで豚丼が食べたいぞー!というパパの意向で、いっぴん帯広本店へ。
でも行ってみるとお店をぐるりと囲むようにズララララーと並んでる!まぢか!こんなに人気なのか??!!!

諦め半分店内で順番を聞いてみるとなんと50組待ち( ゚Д゚)!もうアカン、そんなに待たれへん。
と思ったら、テイクアウトもできるという張り紙を発見!

「あのー、テイクアウトもできるんですか?」「はい、そちらでしたら20分ほどで上がります。」

それでいいです!テイクアウトでお願いしまーす!ということで我が家の豚丼デビューはいっぴんさんテイクアウトになりました。

テイクアウトした豚丼は近くの公園でいただきました。 味付けがおいしいことはもちろんだけど豚肉が半端なく柔らかくて美味しかった!

帯広豚丼いっぴん テイクアウト混雑状況

8月中旬ですが、カラッとしていて全然暑くない。むしろ涼しいくらいの気候。
こんな中公園で家族で豚丼。幸せじゃー!

豚丼食べたら競馬に行くぞー!

13時10分;ばんえい競馬

ばんえい競馬は、北海道のドサンコ馬が最高1トンの重量のそりを引いて走る競馬。
足の速さより馬力を競う競馬で、国内はもとより世界でも唯一ココだけの形態の競馬です。

帯広ばんえい競馬 北海道子供と旅行記ブログ

なんでも漫画「銀の匙」に登場したことで大人気となり、赤字続きだったばんえい競馬も最近になって黒字に転換したんだとか。

お姉ちゃんが「銀の匙」の大ファンで、「ばんえい競馬行きたい!」と言ったのもお姉ちゃんだったの。
さっそく「銀の匙ポスター」の前で記念撮影のお姉↓。

帯広ばんえい競馬 銀の匙 北海道子供と旅行記ブログ

偶然にも今日は『ばんえい夏祭り』を開催していて、子ども縁日や大道芸人さんがたくさんイベントをやっていてすごく楽しい雰囲気になっていました。

動物好きの我が家も雰囲気を楽しんで、お馬さんやポニーちゃんにエサを上げたり

帯広ばんえい競馬 北海道子供と旅行記ブログ

こども縁日でゲームをしたり、

帯広ばんえい競馬 北海道子供と旅行記ブログ

リッキーに写真を撮ってもらったりしました。

帯広ばんえい競馬 北海道子供と旅行記ブログ

で、その後馬券の買い方を『初心者コーナー』のオジサマに丁寧に教えてもらったのですが…、

帯広ばんえい競馬 北海道子供と旅行記ブログ

結局「お腹の模様がかわいい」とか「名前がいけてる」というふざけた理由で馬券を購入しました。

レースが始まると、想像以上の迫力とお馬さんのかわいらしさにゾッコン。

帯広ばんえい競馬 北海道子供と旅行記ブログ

そりが重くて障害物の前で休憩したり、先頭だったお馬さんが疲れちゃってゴールの前で動けなくなっちゃったり、なんてかわいいレースなんでしょう♪♪♪

案の定馬券は惨敗したものの、世界でここでしか味わえない競馬を楽しむことができました♪

15時30分;帯広市内『大塚精肉店』でジンギスカン肉をゲット

今日の夕食は、コテージのテラスでバーベキューをする予定です。

北海道でバーベキューといえばジンギスカン!
ネットで調べて帯広市内で人気だという『大塚精肉店』に立ち寄り、ジンギスカン肉を調達しました。

行ってみると15時30分だというのにもう閉店準備中。
レジを閉めるぎりぎりのところで滑り込み、かろうじて残っていたジンギスカン500gと味付け豚肉500gを買えました!よかった!

北海道おすすめコテージ 帯広ジンギスカン肉バーベキュー おおつか

その後近くのスーパーに立ち寄り調味料などを購入してコテージに戻りました。

16時30分;かまどでご飯を炊いてみる&バーベキュー食材準備

中札内農村休暇村フェーリエンドルフに戻って、分担してバーベキューの準備にとりかかりました。

パパと子ども達はコテージ内にあるかまどを借りて、かまどでご飯を炊きました。
お姉ちゃんは小学校の時ガールスカウトだったので野外活動は得意!火加減の調節もお手の物です!

北海道子どもおすすめコテージ 中札内農村休暇村フェーリエンドルフ かまど

さすがお姉ちゃん!上手にできました!

北海道子どもおすすめコテージ 中札内農村休暇村フェーリエンドルフ かまど

このご飯は塩むすびにしていただきましょう。

一方、母はコテージのキッチンで、野菜農園で収穫したお野菜をどう調理しようか悩み中。

北海道子どもおすすめコテージ 中札内農村休暇村フェーリエンドルフ 野菜収穫

結局調味料もそれほど無いし、手の込んだ調理は無理!ということで、じゃがいも・にんじん・ズッキーニは茹でてマヨネーズでサラダに。 カボチャ・コーンはバーベキューで焼いていただき、サラダ菜はお肉を巻いていただくことにしました。

18時30分;バーベキュー開始!

事前に申し込んでおくと、コテージのテラスにテーブルとチェアのセットと、鉄板・軍手・炭などバーベキューセット一式を貸してもらえます。

北海道子どもおすすめコテージ 中札内農村休暇村フェーリエンドルフ バーベキュー

いよいよバーベキュー開始!
もうあたりはすっかり暗くなっていて、コテージから漏れる明かりと懐中電灯でいただきます!
虫が寄ってくるので蚊取り線香も必須です。

いただきまーす!

北海道子どもおすすめコテージ 中札内農村休暇村フェーリエンドルフ バーベキュー

『大塚精肉店』のジンギスカン、すっごーく美味しかったです。全然臭くない。娘たちもすごく気に入ってたくさん食べてました。
味付け豚肉もお味は最高!
農園で採ってきたお野菜は茹でただけだけどすごく味が濃かったし、お姉ちゃんがかまどで炊いてくれたごはんもすごく甘かった!満足だぁ!楽しかった!最高だった!みんな、ありがとー!

いよいよ明日は札幌に向けて出発です。
このコテージ、すっごくよかったです。2泊じゃ足らないなぁ。次来るときは1週間くらい泊まりに来ようね、と娘たちと約束しました。

私たちが宿泊した『中札内農村休暇村フェーリエンドルフ』について詳しいことはこちらのページに書いています。

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ